HOME


        


第13回資料保存シンポジウムは終了しました。


ありがとうございました。

  日 時: 令和元年(2019年)10月15日(火) 9:30 開場 ~ 18:00 参加無料

  場 所: 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)

  テーマ: 文化資料のゆくすえ ― 令和に期待すること ―

  内 容: 情報保存研究会(JHK)と公益社団法人日本図書館協会は、今年も第13回資料保存シンポジウムを開催いたします。 今回のシンポジウムは、「 文化資料のゆくすえ ― 令和に期待すること ― 」というテーマで開催いたします。 平成という一つの時代が終わり、新しい年号の令和が始まりました。自然災害や異常気象のなかで守り継いだ文化資料と平成で生まれた新たな電子資料を受け継いでいくことが 私たちの使命です。私たちの17年間のアンケート調査では、デジタル化の波は確実に押し寄せ、 SNSやデジタル記録メディアなどにみられるように文化そのものが変わろうとしています。

今回は、3名の講師の先生に文化資料をいかに保存し、守り継いでいくかを講演していただきます。


  講 師:(50分)
   基調講演 13:30 国立公文書館__館長____加藤丈夫 氏
           「公文書の重要性と令和に伝えていくこと」

    特別講演 10:10 青山学院大学__教授____小田光宏 氏(日本図書館協会理事長)
           「資料保存の継承:令和における図書館の役割」

    特別講演 11:10 東京国立博物館_特任研究員_田良島哲 氏
           「ミュージアムのデジタル情報と活用の新たな視角」



 また、ご好評をいただいています「資料保存実用講座」もシンポジウムの後半に設けます。実用講座は、資料保存にかかわる情報保存研究会の会員企業が、さまざまなツールやシステム、具体的な作業のノウハウについてプレゼンテーションをさせていただきます。
また、会場ホールにおきましては会員企業の展示会を併せて開催いたします。シンポジウムに参加される方々と資料保存の専門業者と直接、情報交換をできる場となっています。



  後援:
     全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、国立大学図書館協会、私立大学図書館協会、
     全国大学史資料協議会、(一社)文化財保存修復学会、ARMA東京支部、企業史料協議会、
     記録管理学会、日本アーカイブズ学会、アート・ドキュメンテーション学会
     専門図書館協議会、(一社)デジタル情報記録管理協会、(一社)日本写真学会、
     デジタルアーカイブ学会、(公財)日本博物館協会(予定含む、順不同)
     




2019年資料保存に関するアンケート調査

ご協力ありがとうございました。

 情報保存研究会では例年、全国230余の資料保存関連機関の皆様に資料の保存、修復、デジタル化等についてアンケートを実施させていただいております。 お忙しい中、ご協力お願いいたします。なお、結果は集計して、当機関発行の「ダイレクトリ2019」に掲載いたします。

  期 間: 令和元年(2019年)7月半ばから8月半ば

  集 計: 令和元年9月

  掲 載: ダイレクトリ2019/2019年10月発行



第12回資料保存シンポジウム

ご来場ありがとうございました。

 第12回資料保存シンポジウムに、ご参加いただきましてありがとうございました。この秋に、資料保存の在り方を多くの皆様と考えられた貴重なひと時となりました。第13回もどうぞご期待ください。

  日 時: 平成30年(2018年)10月9日(火) 9:30 開場 ~ 18:00 参加無料

  場 所: 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)

  テーマ: 護り継ぐ文化資料 ― 平成から次の時代へ ―

  内 容: 第12回資料保存シンポジウムは、「 護り継ぐ文化資料 ― 平成から次の時代へ ― 」というテーマで開催いたします。平成という一つの時代が終わり、新しい年号の時代が始まろうとしています。守り継いできた文化資料と平成で生まれた新たな資料を受け継いでいくことが私たちの使命です。今回は、特別講演の先生方に、現在の資料保存の課題や新しい時代への提言、世界遺産への取り組み、自然災害に対する資料保存などについて、国内のみならず世界の取り組みを織り交ぜながら、お話していただきます。
また、ご好評をいただいています資料保存実用講座もシンポジウムの後半に設け、資料保存にかかわるさまざまなツールやシステムなどについて、出展企業から総合的にプレゼンテーションさせていただきます。


【特別講演 10:10~11:00】
     「資料の実物保存に関わる国際的な基準の変遷について」
       一橋大学特別研究員・二松学舎大学非常勤講師 吉川(きっかわ)也志保
【特別講演 11:10~12:00】
     「保存価値と記録価値 ―記述できるもの・できないもの―」
       長崎歴史文化博物館 館長 水嶋 英治
【特別講演 13:30~14:20】
     「資料保存はデジタル化の波に流されるのか?原本の嘆き!」
       早稲田大学 文学学術院 非常勤講師 元国立公文書館 有友 至

【資料保存実用講座 14:30~17:00】
      資料保存に携わる会員企業が技術、体験、ノウハウを発表します。

       順番     演題    社名
 1 長期保存用光ディスク/ドライブについて ㈱アルメディオ
 2 保存修復処置のご案内 (有)紙資料修復工房
 3 様々な資料の電子化サービス ㈱国際マイクロ写真工業社
 4 資料撮影における留意点 四国工業写真㈱
 5 自然災害で被災した動的映像資料の災害対策 ㈱東京光音
 6 史資料の長期保存に適したブックカバーのご紹介 フィルムルックス㈱
 7 ブックキーパー大量脱酸処理の技術と効果 ㈱プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン
 8 イメージ画像品質解析の自動化ソフトのご紹介 ㈱マイクロテック
 9 保存容器のいろいろと災害への対応力 ラーソン・ジュール・ニッポン㈱
 10 TACフィルムの劣化・未劣化の相違点 ㈱足柄製作所

【企業展示 10:00~18:00】
      会場ロビーにおいて、資料保存に携わる会員企業の展示を行っています。
      お気軽に見学、ご相談してください。





資料の保存と活用に関するセミナーなどのお知らせ



会員企業からのニュース

JHK質問箱

情報の保存と活用のエキスパートが答えます。
JHK各企業には匿名でご相談できます。
詳細・ご質問はこちら

過去のご質問例